スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実直で誠実な青年を狂わせたもの

異例中の異例の加害者の釈明会見で始まった日大アメフト悪質タックル問題。

いろいろな事が明るみになるに連れて権力の行使の異様な凄まじさがわたしたちの常識をはるかに超えている事が分ってきました。

うちによく来てくださる塾の先生姉妹、「ほんと!どう指導したらいいのか解んなくなっちゃうよね!」

「まったくです!あんな無防備な人間に後ろからおもいっきりつっこんだらどうなるかぐらいわかんないのかね!半身不随とかなんなかった方が奇跡じゃないすか!」

私もその先生方もよもや指導者たるものが『相手を負傷させろ』なんて指示が下されてるなど夢にも思っていませんでしたから、ましてや高校時代の恩師であるというコーチからの指令です。

てっきり加害選手が従順でまじめすぎて、自分で状況判断せずに思考を停止して、指示のことばにのみ、その身をゆだねた結果だったんじゃないかと考えていました。

「『言われたとうりにやったつもりです』って最近の子は言うでしょ!つーか言われた事しかやんないよね!一を聞いて十を知るなんて死語だし!」

「『相手をワンプレーで潰してこい!』なんて台詞はよく使われるじゃん!実力の違いや気概の差を真っ先に鼓舞して戦意をひるませて優位にゲームメイクする。先手必勝の極意だーね!」

「もののたとえだよね!」

「それぐらい解れよ!ちったあ考えろって!」ってな会話をかわしていました。


私にも加害選手、被害選手と同世代の子供がいます。自身の子供はもとより、その周囲にはつねに自分の個性を生かし自ら考え強くなってもらいたく感化し合える人間関係があって欲しいと思っています。

先立つ身です。どんな境遇においても自力ではいあがろうともがく力強さと生き物としてのしたたかさを備えてくれないと心配です。

先ずは「考えろ!」で、多くの生徒を指導なさるこの塾の先生姉妹がいらしてくれたときはいつも

「子供達に強い自立心を芽生えさすにはどうしたらいいものかね。今の世の中、ものが溢れすぎて、しかも便利になりすぎて、へたすりゃ一切考えなくてもお金さえあれば生きて行けそうなんですけど」

みたいな問いかけを常にしてしまいます。

ちゃんと考えて周囲との兼ね合いを大事にし、助け合えるにはどうたちまわるか、たりないものをどう補い、また分かち合えるかって、、、

指導は指ししるして導くだけです。あとは自分でいろいろ考えて歩いてもらわないと、、、

しかしです。

加害選手にとっての現実は、のほほんと理想を想う私を唖然とさせるほどのひどいものでした。指導とは真逆の様相を呈して、もはや奴隷です。

一切の自発的な行為を禁ずるかのごとくの命令至上主義。さらに達成できぬ者には暴力や見せしめ的な陰湿かつ執拗ないやがらせを日常的に目の当たりにされていました。

「考える」ことをいっさい禁じられた捨て駒のような扱いを自発的に拒絶する術がない事実があきらかになってしまいました。

優秀な人材がある種、洗脳のような扱いをうけて他の者を傷つける様が私たちの世代には「オウム事件」を連想させて不快な気分です。

こんなことまだまだあちこちにありそうです。誰しもが日々の生活において容易に事件事故の加害者、被害者のいずれにもなりうり、生活や人生そのものが一変してしまうことがこの一件であらためて強調されました。


しかも、日大アメフト部は昨年の大学リーグでの覇者で連盟から与えられた「フェアプレー賞」の受賞校だそうです。

徹底した恐怖管理、暴力、体罰体質が結果を残してしまっています。今回その功労者たる監督、コーチが一転してその連盟から一切の釈明を虚偽と断罪されて永久追放となりました。

世間とは全く皮肉で無責任で勝手なものです。

この件だけでも自分の安全を担保した「アメフトなど一度も観た事も無いでしょ?」の人々までもが過激に渦巻きいっこうに収束しません。

あたかも自身の境遇をこの一件にあてがってうっぷんをはらすかのごとくです。

このままでは「公文書改ざん問題のような犠牲者までもがどっかから出ちゃうんじゃないの?」は心配し過ぎでしょうか?

この一件がみちびきだしたものは、、、「とにかくいろんなものがよどんで鬱積している」そんなふうな薄気味悪さを感じられてなりません。
















スポンサーサイト

感性ってなんぞや?

さて「芸術的な才能の持ち主にはなにか不思議な力が宿って感性に働きかけているのかもしれない」なんてーのはよく聞く話ですけど、ちょっとそのへんをひも解くヒントになるかもしれません。
集中力のお話です。

ピアニストのYumiさんの演奏を観たとき、まさにその集中力の凄まじさに圧倒されました。


ご本人はいつもどおりの当たり前のことを今回の演奏においてもなされているだけの感覚なのでしょうけど、、、
いつもうちに来て私の他愛も無い話題ににこやかに応じてくれる彼女とは全くの別人がステージの上にありました。

背筋をぴっと伸ばして前をみすえてむだな動きが一切ありません。

前方に構えるマリンバ奏者さんの動きをおっているようにも到底思えないのですが、リズム、テンポ、音の強弱などびしっと合わせてきます。

私みたいにリズム音痴で、アフタービートすらいつのまにやらもみ手の手拍子になってしまう輩には驚異的な技です。

「もうかれこれ25年も一緒に演奏している人なのよ」(自称バイエルからの付き合いだとか?←ここに突っ込みを入れたくなる気持は自粛!)

なんて言ってましたけど、それにしたってです!指揮者が居る訳でもないのにです。

以前彼女がぽろっと口にした言葉がよぎります。

「音楽やってて良かったって思う時って、、、やってるときだけは別の世界に居られるので、いろんなことから解放されるのよ、、、」

まさに演奏が生み出すその世界にどっぷりと浸っているというか、奏でる奏者とくり出す音が一体となっているというか、、、うまく表現出来ませんが、すくなくともわたしは彼女達の集中力と言うか執着心というか熱意がくりだす世界にひきずりこまれる感覚を得ました。

わたしも一度バンドでめっちゃ気分よく演奏していたとき、瞬間アドリブのドラムのフィルインにがっつりシンクロできたときがあって自分でもびっくりしたという経験があります。

考えるとスポーツなどでも似た様な経験は良くあります。野球でボールがバットにのっかっている感覚だとか卓球で無意識に出したラケットでリターンエースとか100メートル決勝のスタートでピストルの音と自身の鼓動しか聞こえてこなかったりだとか、、、

集中力を極限まで高めると時間と空間の観念をこえたシンクロが起きる様な気がします。
他の創作活動においてもしかりです。限られた物理的な制約のなかからですら無限の物語がくりだされます。

まあ科学的にいろいろ説明しようとするとけっこうつじつまのあうあみだくじは敷けるのかもしれませんが、ここは「人間って不思議でおもしろい!」って思ってた方が夢があっていいんじゃないでしょうか。

事実Yumiさんは「来てくんないかな〜」って思っていると凄い頻度で現れてくれますからね!


やりたいこととやりたくないこと、一緒に体験しちゃえば?

さて、自信の夢に胸膨らます若い情熱には、『どんなかたちでもいいからおせっかいしたいし、間近でわくわくをいっしょに感じていたい』がこの変なおっさんの望みではあります。おおいにあおってその気になってほしいなーなんて、、、

将来パフォーマーとして全米を回りたいと夢を語ってらっしゃる高校三年生の女の子。
いーじゃないですか!

でもね、

この彼女、お母さん曰く「いますぐにでも高校を中退して、その講演活動の構成メンバーになりたい!」「いまやっている高校の勉強がわたしがめざすものとしての必要性を感じられない!」「中間考査にも身が入らない!」などと訴えるらしいのです。

うーん??????

これにはちょっと反論したいですね。

パフォーマーとして、いろんなイメージをできるだけ瞬発的に表現するには、見る物の世界観を刺激して引きずり込む説得力がなければ無理かとも思います。

どんなすばらしい形や動きや音もそこに共感というベースがなければ感動を得ることはできません。
知識や常識に基づいた平凡からのアクセントとしての非凡がより強いインパクトになります。

おうおうにして「起承転結」は平凡、常識という基礎があってなりたちます。

先日うちにふらっとピアニストのYumiさんが珈琲を飲みに来てくれました。

「明日、マリンバ奏者さんとコンサート!」
そう言って、さらっと、ちらしを置いて行ってくれたので、『えー明日!、、、大田区文化会館?うーん遠い!』とは感じましたが、がんばってちょっと観に行ってきました。

行ってよかったです!

確かな技量に裏付けられたマリンバ奏者さんとの息ぴったりの演奏は圧巻で、軽妙なマリンバ奏者さんのトークと誰もが一度は耳にしたことのある選曲でぞんぶんに聴衆を魅了しました。

二人のきれっきれの演奏は「ずいぶんと基礎を積み重ねた賜物だよな、、」ってあらためて尊敬してしまいました。
軽妙な曲は自然と手拍子がおきますし、演目のひとつ「荒城の月」の滝廉太郎がドイツに留学していたエピソードなどもあらためて紹介してくれますので、より曲に興味が沸いてたのしかったです。

「そーかもう117年も前の曲なのか、、、」「はぁ!えー!そういえば私の大好きだったスコーピオンズは日本公演で『ジャパニーズオールドフォークソング!』っていって流暢な日本語でこの曲を歌ってたっけ!わずか一年たらずのドイツ滞在で後のロックバンドに影響を与える存在感を示してたのか!やっぱ天才!」

とか

「ギュワーン!ギャーン!」っていまだにどうやったらこんな音出せるんだろうっていうぐらいのハードアーミングの達人のウイリッヒロートが一世紀も昔の日本人の音楽を奏でて、それを聴いて俺らはまたロックにあこがれて、、、、でもYumiさんに出会わなかった一生そんなこと気づかなかったろーな、、、

いろんなものが以外なかたちでつながっていきます。

さて、話をパフォーマー志望の彼女にもどしましょ。
目的意識にめざめた若いこころはすべての知識を感受性の栄養として取り込むかとも思います。

そこをちゃんと活用しましょ。

そもそも「勉強」とは自分の本来したくないことにあえて立ち向かうという鍛錬の意味合いが強いものであるべきです。
なしとげるためにどれだけの忍耐が必要かということもそれによって得られるという解釈もありです!
「一所懸命」で仁王立ちの様にふんばって、いやなことを克服して力をつけて、それからのっしのっしと歩みだすのも以外と夢への近道かもしれません。

だいたいあなたが今夢をいだけるその状況を生み出してくれたのは在学中のこの高校の存在があってのことでしょ。それと3年前にここに受かるべく一所懸命勉強したあなたがいたから!

それにひとつひとつをきっちりと丁寧に仕上げていくことこそが頑丈で大きなものを組み上げる唯一の方法だとしたら、大きな夢を掲げるのであれば、なにごとも途中で投げ出す事は御法度ですぞ!

すでにことは縁で結ばれて、いろんなことが始まっていたかもしれぬ場である母校との関わりをみずから断ち切っては次のステージの引き寄せは得られません。

いずれにしてもいろいろ楽しみな娘(とその妹さん一家)を知る事ができました! いろんな意味で、がんばれー!
じゃないとわずか一ヶ月でギターを奏でられる様になった妹さんに抜かされちゃうぞ!

最高のところへ嫁いでいきました。よかったです。

「こんにちわ〜」
にっこりと微笑む美人がお店のガラス越しに立ってます。

「あ、いっらしゃいませ」、、、
あれ?誰だっけ???最近物忘れが激しくて、、、
と、次の瞬間その女性の後ろにあのギターを手渡した女の子の姿が目に飛び込んできました!

「わあ!あの時のお母さん!メガネをかけていらしたですよね?今日はかけてらっしゃらないから直ぐにはわかんなかったです!」

「はい!なかなか来れなくてすみませんでした。それにいっそのこと一曲ぐらいちゃんと弾けるようになってからお伺いしようかな、ともこの娘と相談してたりして、、、」

「わあ!よかったです!いやーほんとわざわざ恐縮です、、でも、うち、ろくなもんないっすよ。ま、とりあえずジュースとケーキでも、、、」

「はい!今日は朝ごはんも取らないでいましたから食事がてら行ってしまおうか!って思い切って伺いました。ところでメニューは?」

「うわ、うわ、カレーにオムライスにハンバーグ、うちそんなもんで、、、それにとりわけ子供には無理くり野菜を食べさせちゃったりの押し売り営業っす」

「この娘、カレーがダメなんですよ」

「よっしゃ!じゃハンバーグ!野菜てんこ盛り付きで!」

細い体のメガネが似合うかわいい女の子のです。一生懸命ママとてんこ盛りのサラダをたいらげてくれました。

「この娘いつになくよく食べてくれたので、私も食事させてください。カレーは私は大丈夫ですから」

「あ、じゃうちのカレー試します?田舎のおばあちゃんが作るようなカレーだけどこれを毎日のように大盛りで食べてくれる板前さんとかいるんですよ!」

いろいろ話してくれました。お姉ちゃんが軽音部でVocalをやってらして、先日大きなイベントで大勢のバンドがひしめく中トリを務めたとか、高校の3年生で同級生が進学の志望校を決めていく中、自分は参加したアメリカ人中心に構成されたミュージカル仕立てのワークショップで手応えを感じたらしく、将来パフォーマーとして全米を回りたいと夢を語ってらっしゃるとか。

聞いている方もなんかワクワクしてきちゃいます。

何より嬉しかったのはどこの馬の骨とかわからぬ変なおっさんから受け取ったギターをお兄ちゃんやお父さんが背中丸めて弾きこんでいるバックショットをスマホで見せていただいたこととか、軽音でバリバリ!将来世界を股にかけるパフォーマーを目指すお姉さんから「そのギター貸して!」と言われたとかのエピソードを伺って、、、、

思わずお母さんに聞いてしまいました。

「正直いきなり変なおっさんからギターをもらったりして『気持ち悪い』とか思ったりしませんでしたか?結構、人にものをあげるのもそれなりに押し付けがましいかなとか、かえって迷惑かなとかいろいろ考えちゃって、、、」

「あの日はうちの家族全員が幸せな気分に浸っていました。ありがとうございました。」

照れ隠しも何もうまくできません
、、、鼻水が出てきちゃいます。

極め付けに新しい持ち主の彼女の演奏している動画を見させていただきました!ギターを抱えた姿に思わず「わあ!やっぱお似合いじゃん!」

で、ちゃんとコードを奏でています。『いつの間に覚えたの!』のお母さんのセリフが絡んできます。

一生懸命練習したんですね、感動で鳥肌と涙が出てきました。わずか一ヶ月です。

本当にいいところへ嫁がせたなって、、、、

よっしゃ!こっちもこの娘や未来のスーパースターのお姉さんと共演できるように頑張らなくっちゃね!

新たな目標ができたかも?






自閉症気味!?克服したでしょ!いや、もともとないんだよそんなの奥ゆかしいだけ!

いっつも兄弟仲良く二人連れでくるお兄ちゃんの方!
お母さん自らが「ちょっと自閉症気味で、、、」と評した彼が閉店間際に今日は一人でやってきました。
なんか別人に見えます!

私、これ他人から言われてちょっと自分でも納得してしまった特異体質があります。
人の顔が描けないんです。じーっと観察して写し描くことは結構得意な方なのですが、記憶をたどってその対象となる人物の顔というものが一切描けません。自分の子供ですら無理です。自身の顔もです。

おそらく顔を見ながらも実はいわゆる顔色というか、心情の方に重きをおいて、見ているらしいのです。

その観点からいくと、、、自信があります。この子、今日は違います!

「ね!今日さカレーがちょうど一人前残ってしまったんだけど食べてくれない?」

彼にあえてお願い事をしてみました。

「あ、それで大丈夫です。それと、、、いつものアイスコーヒーをお願いいたします。」
(よっしゃー!きっちりとした返答が帰ってきたー!)

「ね、なんで今日はお兄ちゃんだけなの」

「実は〜  で、弟は〜  」

今まで挨拶だけで終えてた彼とのやりとりでしたが今日初めてしっかりとした会話をすることができました!
よく見るとすっごく男前じゃん!しっかり胸はってね!
プロフィール

おしげ

Author:おしげ
東久留米の市場の中の小さな小さな休憩所、そこの管理人です。
とはいえ自己管理とかが大の苦手、適宜テキトー大雑把が信条の私!
大丈夫かー!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。