スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こいつフルーツだめなんです」・・・「え!」「えー!!!!」

「オムライス下さい」
初めて見る兄弟です。

「ひとつでいいの?」

「あ、はい。」

「じゃちょっと大きめに作ろうね」

「あ、お願いします。」

「出来上がるまでこれ飲んでな、サービスだから」
子供にはできるだけ食物酵素をとってもらいたくて、オムライスとかカレーの注文のときは100%のジュースを飲んでもらっています。今日はグレープフルーツジュースです。」

「あ、弟、ジュースだめなんです」

「え、そうなんだ!じゃ牛乳にいちごとか入れて上げようか?」

「あ、いちごも、フルーツだめなんです」

「えーっ!!!そーなの!・・・じゃとりあえずキャラメル味にしてあげるよ」

とりあえず2倍サイズのオムライスを作ってお出ししたのですが、「この子人参だめなんです」ぐらいののりで「フルーツだめなんです」の台詞に釈然としません。
お兄さんに聞きました。
「野菜は大丈夫なの?」

「えーっと、あんまり、とくにトマトとかは全然ですね」

「・・・」
「えーとボクさ、こっちのデミグラかかってない方ケチャップとかかけてみない?、、そうそう」
応急処置です。

飽食の時代と言われて久しいですが、10歳だというこの少年はいったい何を食べて命を維持しているのか不安になりました。

どんびきするかもしれませんが、食肉用の鶏は生後3ヶ月程度、豚は6ヶ月程度でその短い生涯を柵の中で終えさせられてしまいます。他の食肉用の家畜も皆、野生のものと比べると人間の為に大きくその生涯を歪められています。

乳牛はさらに悲惨です。乳を出す為に強制的に妊娠させられ、乳脂肪分を高める為に本来は食べるはずもない穀物を食べさせられます。角も飼育上やっかいだと言う理由で焼き切られてしまいます。偏食やストレスで大半が病気を発症しますが抗生物質を大量に投与され乳が出なくなるまで毎日機械につながれ搾り取られます。

人間の身体を構成する細胞は60兆個あると言われていますが、それを形作っているのはタンパク質アミノ酸です。
当然ながら外から取り入れなくてはならないものです。

さらにその60兆個の細胞のひとつひとつに3000個から8000個なる植物由来の生命体、ミトコンドリアが共生して、各細胞の性質を決定づけています。それらが日々生死を繰り返しながら私たちの命を紡いでいます。

よく広大さをあらわすのに「星の数ほど」などと言いますが、ミトコンドリアひとつとってみてもそれこそ人間の命を維持する為に星の数ほどの命が生死をくりかえしながら私たちそのものをまさに生かしてくれているのです。宇宙に匹敵するほどの広大な数ですね。

このミトコンドリアが植物由来の生命体だからこそ人は日の光が必要ですし、それを活性化するための酵素も必要なわけです。

家畜の例を引き合いに出さずとも、人ひとりの命を維持するのに多くの命がそそがれていることを常に頭の片隅においておきたいものです。
かつて日本人は貧しさ故にその尊さを実感していたはずです。「いただきます」と合掌して「ごちそうさま」と合掌でこの「ありがたさ」をしめくくりました。

「いただきます」は「いのちをつつしんで頂戴します」の意味だと思います。「おとうさんありがとう、おかあさんありがとう、給食のおばちゃんありがとう」のさらにその先に想いをはせてもらいたい。どこまでもどこまでもはてしなくです。

食材を捨てざるを得ない時に「ごめんね、ありがとう」ときにはそんなふうに思える様な下地作り。

飽食の時代が食そのものの尊厳を侵している様な気がしています。
スポンサーサイト

お肉を食べたら「お野菜もとんなさい!」って言われてたよね。

お肉を食べたら「お野菜もとんなさい!」って良く小さい頃から言われてました。

今みたいにいろんな情報が飛び交っている世の中ではありませんから、いわゆる経験などからくる「常識」みたいなものなんでしょう。

今、私は「パンを食べたらお野菜もとんなさい!」をやってます。「グルテンフリー」は現在ちょっとしたブームで、こだわれば限りなく小麦の摂取量を0に近づけることができるぐらい、いろんなそれに特化した食品が出回っています。


ただ、いろんなことにこだわりすぎると健康の為に始めたものがストレスの原因にもなりかねません。


品種改良を重ねた結果、大昔の小麦と現在のそれとではグルテンの含有率が大幅に異なっています。

また小麦そのもの、その小麦と頻繁に一緒に用いられる白砂糖に中毒性があることを知っていれば、それだけでお腹を満たす事が良くない事だと判断できますよね。


私のお店でもパンは良く食材として使っています。「自分が小麦を控えているくせに客には出すのかよ!」なのですが、わたしも食べたいときはクリームたっぷりの菓子パンもたべれば、たこ焼き、餃子、こってり背油のラーメンだって食べてます。

ほんとうに今までと比べたら文字通り「控えめ」にしているだけです。


でもそれでも以前の様に三食カップラーメンみたいなことが気持悪くて出来なくなってしまった様ですし、コンビニで珈琲を買うたびに一緒に買っていたドーナツもいまではけっこう重たく感じます。

「たべたい!」と思っても以前ほどそればっかりが続けられなくなっています。ペペロンチーニに凝って、一週間やそこらそればっかみたいなことをやっていましたが、今は想像だにできません。脂っこいもののあとにはお茶漬けや漬け物が恋しくなります。


それにここが最大のポイントで、お通じがバロメーターになっているのです。

お客さんのリクエストでうどんを仕入れて、たまたま残って賞味期限が近づいた物を自身で2食続けて食べただけで、そこが変わってきます。食べた量と比べてあきらかに違うんです。しかもたいていが難産!

グルテンのグルは接着剤のグルーと同じ意味です。お腹の中にへばりついているのではと思い、そんな日は極力野菜を意識的にとっています。


うちのお店ではトーストセットをお出ししていますが、そんな理由で野菜をかならず添えた形で、それ以外のメニューに関しては今は自分の構想にはありません。

お母さんが働いていらっしゃって、兄弟だけでうちに食べにきてくれるお客さんがいます。

「野菜全部たいらげた?じゃないとデザートあげないよ!」「オレンジジュースも残しちゃだめ!」の押し売り状態です。


それでも「マスターの店いきたいって息子たちが言ってましたよ!」そういってくれたお母さん。今日はすごく久しぶりに3人そろってのご来店でした。IMG_20180227_115518.jpg

カレーもいいけどちゃんとお家でお味噌汁!(甲状腺ホルモンのお話)

food_omisoshiru.png
ドーパミンのお話をしたので、ついでに甲状腺ホルモンについてもちょっと話しておきたいことがあります。
やる気スイッチがドーパミンで、「ちゃんと食べるものを食べてこういった脳内部質を生成して、きっちりと脳にちゃんとした指令を与えましょう」なのですが、肝心の脳や神経系統が健やかでなければ意味がないですよね。
この辺のところを甲状腺という前頚部に位置している気管から作り出される甲状腺ホルモンというものが司っています。
甲状腺ホルモンは、海藻などの食物に含まれているヨードを材料として合成され、それぞれの細胞の新陳代謝を刺激したり促進したりする作用があります。つまり、体が円滑に活動し成長するためになくてはならないホルモンです。
良質のたんぱく質でドーパミンなどの神経伝達物質を作って、海藻に含まれるヨードで甲状腺ホルモンをきっちり生成しうる食品がズバリお味噌汁、大豆から作られる味噌とわかめと豆腐とネギなんてちょーオーソドックスやつが最良ということになります。「塩分とりすぎちゃう」とおっしゃられる方も多いとは思いますが、試しに生理食塩水(塩分濃度1%)を作って飲んでみてください。以外にもしょっぱいことに気がつくはずです。つまり味噌汁は体の電解濃度を保ったまま、その具材の栄養素をきっちり取り込むことができる日本人の知恵の結晶です。うちのお店ではお味噌汁はお出ししていません。
ぜひともお家で味噌汁を取ることを習慣付けて欲しいと思ってます。精神的に興奮して活発になるわりにまとまりがなく、疲れやすくなり、イライラして怒りっぽくなり、トイレの回数が増えるとか、甲状腺ホルモンの分泌異常でも起き得ます。なんか原因がよくわからないことを単に「ストレスのせい」などと決め付けるのではなく、「あれ?そういえば最近お味噌汁食ってなかったっけ」をも疑ってみてください。変調をきたした時、すぐさまそれに見合う薬を探すのだけでなく、その前後に普段口にしている食べ物を見直して欲しいと思ってます。特に小さなお子さんをお持ちのお母さんについては。

特に精神安定剤とか睡眠導入剤とか抗鬱剤とかはもとより、全ての精神医療に使われるお薬は脳内物質の量を増減できる作用は持っていません。主にそれらを受け止めるレセプター(受容体)という細胞組織に蓋をするだけだということを知っておいていただきたいものです。確かにドーパミンなどが過剰に分泌されると幻聴、幻覚など「みんな私の悪口を言ってる!」みたいな状態にもなり、まともな社会生活を送るのが困難にもなるでしょう。適切な対処は必要です。しかし前述のように人間の体は様々な仕組みが絡み合って成り立っています。脳内物質をきっちり作用させるために必要と示した甲状腺ホルモンの分泌の指令もまた脳下垂体から発せられますし、そもそも消化器官がダメージを受けていたらいろんな必要な物質も作れません。ですから対処療法的にもともとの体の仕組みを薬によって一時的にでも使えなくしてしまうことが後々どんなリスクを引っ張ってくるのかは誰にも断言できないことをも慎重に考えて欲しいと思ってます。

もちろん薬によって健康を維持するというのは大前提としてまっとうな考え方であり、お医者様や医療関係者の人々が寝る間も削って様々な病気の治療法を模索していることには尊敬と感謝の意を表しますが、それに頼り切ってしまうような健康に対しての無頓着な経済行為や生活習慣が存在するという循環も考えあわせなければいけないと思います。体に変調をきたす前にそうならないような心身ともにバランスの取れた生活を昔の日本人が得意とした躾だとか美徳とかにまた転嫁できれば、世界中の6割にも当たる量の薬を日本人が消費してしまうという事実は覆るかもしれません。現に経済破綻して総合病院のなくなってしまった北海道の夕張市の平均寿命が上がってしまったという笑えない話も存在しますから。

デザインとドーパミン

IMG_20171201_143014 (1)
毎日カレーを作ってます。自分が好きだからです。物心着いた時からカレーが好きでした。夕方遊び疲れて家路に戻る時、家からカレーの匂いをいち早く感じ取ってはダッシュ!!まあそんな、なんの変哲もないフツーのお家カレーを毎日お店で作ってます。これと言って誇れるような工夫はないのですが、そんなうちのカレーを「うまい!」と言ってくれるお客さんもいます。
さて、市場での仕事を終えると私には片付けもそこそこに次のデザイン・レイアウトの仕事が待ち受けています。
今抱えているのはダンス教室の入り口に掲げる看板のデザイン。今日素材としての写真ネタを送っていただいたので、早々に叩き台となるような物を提示しなくちゃいけません。
私のようなボケ老人にとっては「アイデア」よりもまず「やる気!」の充填が必要です。
人間にとってこの「やる気」を生み出す物質がかの「ドーパミン」です!
神経伝達物質の一つで、「セロトニン」や「ノルアドレナリン」と並んで、三大神経伝達物質と呼ばれています。
当然、脳の中で仕事をするわけですが、これが食べ物を原料に腸で作られていることを忘れがちですね。
ドーパミンの原料は必須アミノ酸であり、この元となるたんぱく質を多く含む食べ物を摂取することでドーパミンを出すことを助けます。加えてビタミンB群を摂取することでその効果が高まります。豚肉はこのビタミンBが豊富なことで知られています。うちのカレーのこの豚肉だけはきっちりこだわって作ろうと思ってます。

ドーパミンの分泌異常はいろんな心の病を引き起こします。
うつ病や自閉症、統合失調症などなど心の病は実は体の病です。生き物は生き物でしか生かせないと思って食材を選んでます。味にこだわるのは私みたいな凡人には無理ですけど、できるだけ「生き物じゃない物は使わない」それだけは常に頭においておきたいと思っています。
プロフィール

おしげ

Author:おしげ
東久留米の市場の中の小さな小さな休憩所、そこの管理人です。
とはいえ自己管理とかが大の苦手、適宜テキトー大雑把が信条の私!
大丈夫かー!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。