色彩による癒し、「色とりどりのこの世界」

TEAM漕人No.1、フラワー担当の桂子さん。生花も造花もそれを彩る小物、器も手がける我がTEAM自慢の達人です。

さてそのアレンジを施す上で、形とともに重要なのが色彩です。


「このアレンジ、色合いがとっても素敵ね」と、ここのところよくお見えになるご夫妻の奥方。彼女の作品がまた一つ嫁いでいきました。


私も彼女のアレンジの色彩の巧みさにはいつも感心させられています。「花とは華やかなもの」といったイメージをつい抱いてしまうのですが、そこをあえて抑えて品よく仕上げていきます。


「花の最大の魅力はそれが人の心を癒すということ」彼女の信念です。素材となるもの全てがお互いを活かし合うようにじっくりと向き合いながら丹念に仕上げていきます。


私は特に彼女の緑色の扱いに惚れ込んでいます。「花弁も葉も同等に主役になりうるんだなぁと」ということを教えてくれます。cbcaac18b755fe631221b2960c26f42a.jpg

深い緑から白い花びらまで様々な緑色が渾然となって一つの世界を形取っていきます。


センスもさることながら彼女、色彩心理学も学んだそうです。柔和で穏やかな印象の彼女のバイタリティには敬服します。


色が物理的にいうと光の反射であることを突き止めたのがニュートンさんなのですが、そこに「人が人としてそれを色として認知している」という方に重きをおいてその生涯をその考察に捧げたのが詩人で有名なゲーテさんです。


有名な臨終時の「もっと光を」は晩年視力を失いつつあった彼の飽くなき探究心の象徴とも言える言葉だったのでしょうね。



ネタ元があるのか、彼女のオリジンなのかわかりませんし「もっと光を」ほどの詩的表現ではないのですが、強く私の中に脈づいている言葉があります。


私の母親が発した言葉で、それが「人は感情の生き物だ」です。小さい頃に聞いたこの言葉が今でも私のお気に入りです。


「色とりどりのこの世界」惜しくも82歳という若さで亡くなってしまった高畑勲先生の「かぐや姫の物語」に登場するこの台詞。

徹底的に色や質感にこだわり続けたアニメ界の巨匠がさらっとこの作品に織り込んだ台詞がすごく印象に残っています。


感情の生き物である人間にのみ与えられた特権がこの「色とりどりのこの世界」です。「生きる」ということの意味を常に自問し、命を削るほどの執着で創作活動にこだわり、詩として様々な作品を世の残してくれたゲーテと高畑勲。


その二人の巨匠を魅了した「色とりどりのこの世界」を人はもっと有意義に堪能すべきことなのだと思います。


きっと「色」とは人の心を染めることもできるし、洗濯することもできうるものだと感じています。


スポンサーサイト

いろんな人に生かされてやってます。

木曜日は嬉しい日です。


我がチームの栄えある(?)No.1を冠するフラワー担当桂子さんが週1回出店なさる日です。


でもまたもやあいにくの雨。しかも冷たい雨です。


朝の6時には自分一人でタープを設営して花を並べてお客さんを待ちます。


「これだけのものがよくこの軽自動車にのってんなー」とどらえもんのポケットのごとくの量をきっちり管理なさっている様だけで尊敬です。


うってかわって8時にオープンの私の店に「やっべーまた遅刻だぜ!」のわたし、、、


冷えきった桂子さんに差し入れをもって行くのを口実に珈琲を売らなきゃいけないのに桂子さんの周辺にお客さんが見当たらないのをいいことにすぐ油を売ってしまいます。


「今例の桂子さんのフラワーアレンジ教室の件具体的な使用料の提示と日程の協議を今日の理事会でしてもらう運びになってますから!」


 



そこからお互いの一週間の動向を話して、今後こうしたいね、あーしたいねを夢を膨らませて、、、


「あ、そうそう俺、エンターテーメント係、世話役として、とりあえず切り込み隊長!きっかけづくり人脈作り!東大和のライブハウスのステージに出演しますから!」って自慢げに話したら。


「あは!聞いてないわよ!」と満面の笑み。(そこ笑うとこ?やっぱ・・・)桂子さんの笑顔にはいろいろ助けてもらってます。いろんな意味で、肩の力が抜けて新参者がうまく常連さんたちとなじめるかの不安が少し和らぎました。


 


「まあ、とにもかくにも先ずはカルチャースクール構想の実現、自分たちのねぐら作りを早めましょう!」


 


とりあえず店にもどって、米炊かなきゃいけません。


シャカシャカやってると「オウ!」


私の憧れのレジェンドドラマー「ムッシュ」(←わたしが勝手にそう呼んでいます)の登場です。


 


「だめじゃん!ムッシュこんな寒い日に出歩いちゃ!」


 


「いやいやカレー作ろうと思ってな」


 


「またすんごい肉買ってるね。相変わらず凝るの?前回の奴プチトマトがすげー効いててちょー旨かったけど、あれとはまた別?」


 


「おう、今度の土曜日のとき(例の東大和のライブハウスでムッシュの新バンドのコンサートがあります)に出そうかと思って、牛筋カレー!」


 


「おーいーねー!」


 


「来てくれんだろ?旨いの作って待ってるからな!」


 


「もちろんちょー2度おいしいじゃん!楽しみ!!!」


 


「んじゃな!」


 


今日みたいな寒い日はスリムなムッシュの体調が心配になっちゃいますが、逆にいっつもうちに顔を出してこっちのことを気遣ってくれます。


 


、、、なんか鼻水でてきちゃう、、、


 


 


 

Team漕人 (Cogito ergo sum)について、いったんまとめ的な〜

自身が「人間のクズです」宣言!に言及したことについて。若干いったんまとめておきますね。

私流にちょーおーざっぱに解釈するとこんな感じです。

アインシュタインが口火をきります。
「ちっちゃい頃から光の速さで走ったら、鏡に自分の顔は映るのかなって?なんて素朴な疑問からはじまって、、けっこう速度の限界を超えて頑張っちゃうと質量に変換されちゃうことに気がついてさ、E =mc2なんてつきとめちゃったんだけど。それで重力を手がかりに話が宇宙まで及んでさ、人がどこまでこの世界の真理を解き明かせるか?ってね。けっこういーせんまでいったのさ。、、、でもね、なんか突き詰めれば離されての繰り返し、所詮人間なんて私の名前のごとく(アインシュタイン:ドイツ語一個の小石)石ころの様なもんさねって思い知らされてさ、、、自信無くしちゃうよね。最近は矛盾をついたと思った半死半生の猫もいるかもしんないってことだし。石ころって名付けたご先祖様はすでに悟ってたのかね」

パスカルが言います。
「でしょう!言ったじゃん!所詮人間は考える葦だって」
ここで果敢に話に加わります。

「思慮深く聡明で偉大な先生方がその人生かけて研究、考えあぐねてそうおっしゃるぐらいならわたしなんかほんと塵にもみたないクズっすよね!」

そこでお釈迦様が助け舟を出します。
「いやいや、色即是空空即是色だって、みんな一緒よ」
ただ大事なのは何かを意識しているかってことよ!そこが人というか命としての価値とか尊厳でさ、天上天下唯我独尊!って叫ぶべきとこだよ!」

パスカルがかぶせます
「そうそう!考える葦じゃなきゃだめなんだよね!」

アインシュタインが割り込みます
「そーなんだよねどんなもんでもすっげーちっぽけだと思ってたものがもの凄いエネルギーを抱えてんだからね」

フィボナッチが得意げに語ります。
「命が強く意思を持ってさえいればどんな小さな物でも無限に広がる世界の中心になれるのさ」

「そ、」
デカルトがうでぐみして仁王立ちして背後からどや顔で語ります!
「我思う、故に、我在り!」それが一番大事!!

一同
「えーっ!そこまとめて持っていっちゃうの!!!!」

超絶えーかげんフィクションですけど、、、

誰に渡すのかな?

桂子さん
チーム漕人No.1フラワー担当の桂子さんの作品です。同様のものを3つ飾り棚に置いておりました。
ご年配の男性がじっくりと何度も見比べてそのうちの一つを買っていかれました。
袋にお入れするときに「値札はとってくれたっけ?」とお聞きになったので、「はい、もちろんです」とお答え致しました。
「また来るからね!」「ほーい、お待ちしてまーす」
結構上機嫌です。
早速業務連絡の「売れました」メールを桂子さんに送ったら、満面の笑顔絵文字メールで返信をくれました。
手編みフクロウの今日子さんもまた満面笑顔絵文字を返してくれました。
やっぱ自分の作品は子供とか自分の分身みたいなものですからね。嬉しいに決まってると思いますが、こういった報告をすることができるテーのが雑用係としての私の喜びでもありんすです。
んでもって色々想像したりしますよ。
「値札は〜」のくだりでプレゼントだってことは判りますよね。奥さんにかな?ちゃんと「いつもありがとうな。ちょっと可愛かったんで、つい買っちゃったよ。お前の鏡台の脇にでも置いてくれればなんて思ってな」なーんて気の利いたセリフとかいうのかなぁとか、「ほれ」なんてぶっきらぼうに渡して「何ーこれ!あんたが私にこんな気の利いたもの買ってくるなんて信じられない!なんかやましいことあるんでしょ!白状しなさい!」なんて喧嘩になったらどうしようとか、、、目の下青タン作って「なんだか思いがけず綺麗な女将のとこに日参してるのがバレた!」なんて報告に来たら面白いのにな!

Team漕人No.1のフラワー担当桂子さんの作品


be2c2b0eefaf97bddfe8eba52ed2db81.pnghttp://www.millekeiteflowers.net/
ミルケイトフラワーズ
小さなものからボリュームのあるものまで、センス良くまとめる桂子さんのフラワーアレンジメントにはとても感心させられます。
形だけではなく色彩の何気ない統一感は自己主張しすぎない優しい人柄のなせる技!?桂子さんの作品は上のロゴ下のリンクから直接閲覧/注文できます。ぜひ訪ねてみてください!
プロフィール

おしげ

Author:おしげ
東久留米の市場の中の小さな小さな休憩所、そこの管理人です。
とはいえ自己管理とかが大の苦手、適宜テキトー大雑把が信条の私!
大丈夫かー!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR