スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィボナッチのもう一つの魅力(コーラスエフェクト!)

コーラス
私が憂さ晴らしにギターを弾くときに使ってます。VOX社のJam VOXっていうソフトのスクリーンショットです。
パソコンとインターフェースだけでいろんなアンプやエフェクターで音作りができて、録音、録画もできるありがたいソフトです。
で、このClassic Chorusの絵面、モロ懐かしいBossのCE-1ですな。ディストーションを買って、リバーブはアンプのスプリングリバーブで良いとして、やっぱさらに「音に広がりをもたせたい」といえばコーラスエフェクトですわ。原音に少し遅らせた音とかうねらせた音を加えていわゆる「ゆらぎ」を与えます。人間はどうもこの揺らぐ感じがとても心地よく感じるみたいです。
いー年こいた私がガキの頃からテレビの中の人だったドラムのレジェンド様(今でも現役で音楽活動、創作活動をやってらっしゃいます)が若い女性のドラマーの方を手作り料理でもてなしながら「リズムもゆらぎが大事だ」という会話で3人で盛り上がったことがあります。「デザインでもソーナンスよ、要素をあんまきっちり揃えすぎてもなんかつまんなくなる時あるんですから」
てなことでこれを見てください。フィボナッチの比率
一番上はコンパスで求めた黄金比の値です。
フィボナッチ数列による比率が数字が大きくなればなるほどこの値に近づいていくのですが、よくよく見ると一直線に近づいて行ってないんです。まさに「ゆらぎながら」なんですね。この辺がまた面白くってコンパスで求めたものに優越感を感じてしまう所以です。

とは言えです。
ドンピシャにならずともこんな自然界の神秘的な法則をシンプルで美しい数式で表せるといった魅力に物理学者や数学者は魅了されるということもわからんでもないですよね。
けし粒みたいなものの想い一つが偶発的に出遭って力を得て、無限に広がる、、、といったメルヘンチックなおとぎ話的な感じよりも、神の意志が存在するかのごとく理性的にコントロールされて、、、の方が逆に神秘的で人の想像力をかきたてるのかもしれませんね。
ただし、あの相対性理論、普段何気なく使っているカーナビなどのGPSの開発に不可欠だった重力が光をも捩じ曲げることを発見したアインシュタインが最後につぶやいたのが、「自身はその名のごとく一つの石ころだ」つーのも何を言わんとしているのか興味深いですけど、、、。

まあその辺はさておき、もっともデザインという視点で見ると、いろんな自然物を幾何学的に整理するテーのは王道の常套手段です。
特に私のような看板とかサインつーようなものばっかレイアウトしている「読み人知れず」をモットーにしている(芸術的才能がない、、、)者にしてみれば「分かりやすさ」も大変重要なことですから、その辺のさじ加減はいつも気にしています。

昨今の行き過ぎにも感じられる「都市伝説」「陰謀論」ブームにちょっと違和感を感じて、無理くり「フリーメイソン」のシンボルマークとしてのコンパス憎し!みたいな程で話をしましたが、やっぱ中学の時に買ってもらったばっかの製図器のコンパスで六角形や五角形が
描けた時の感動はひとしおでしたね!
道具とそれを使いこなす手先の器用さ、知恵は地球上の動物の中で人間だけに与えられた特権です。
あとはそれをどういった目的に使うかですよね。(陰謀かどうかは使う人の心がけ次第!)
溢れすぎた情報のパッチワークであたかも自分で思考しているかのごとく錯覚してしまうのが今の世の中の不幸な部分だと思います。
どんな事象もあらゆるパーツの組み合わせでそれらしく、都合よくまとめ上げることができてしまうぐらい情報に取り囲まれてしまっています。
 陰謀は人間が道具や知恵を得た時点で生まれるのは必然です。しっかりと見据えてじっくりと自分の頭と体で考えて避けてください。マニュアルめいたもの、常識と言われているもの、「そんなの当たり前だろ!」と胸ぐらをつかむような言動、この辺は要注意ですね!
かといってさい疑心の塊では息苦しくって、疲れてしまいます。「当たり前のものなど何一つなくて、全てはありがたいものだ!」てなお釈迦様みたいに立派な考え方のほうがひょっとしたら楽に生きられるのかもしれませんね。

私自身はバカで割と情にほだされやすい体質で、その上だらしない性格なので、とてもじゃないけどお釈迦様のような境地には至れません。他人様どころか四六時中自分自身をも疑ったりしてます。
ですからことさら、いろんな情報に振り回されずに、自分と身の回りにとって心地よい響きになるような視点、観点、妥協点を探そうと心がけてます!(できてねーけど)(目標!!)
じゃないと傷ついてばっかだよね!(もう、ほんと死にたくなるよーなことばっか起きるぜ!)まあそれも大きくとらまえれば『ゆらぎ』ってことかもしれないですけど。

スポンサーサイト

黄金比の正体!(フィボナッチ数列)

1,2,3,5,8,13,21,( ),55
この数列のカッコ枠の中の数字は何でしょうか?
頭の体操ですけど、結構すぐに気がつかれると思います。
最近のおしゃまで、タブレットとかすぐ使いこなしちゃう幼稚園児とかでもすぐ気がついちゃうと思いますね。
クレヨンしんちゃん風に表現すると、、、

風間くんあたりはすでに知識として、
ボーちゃんはじっくりと観察して、「と・な・り・あ・った・数字、、、」なんてヒントを出したら、
ネネちゃんが「わかった!!」って大声を出しますよね。
マサオくんは「ねーねーどの数字なの?隣の数字ってどれのこと?1と5のことなの????」

ここでいつもの通り何処から引っ張り出してきたか知れぬうさぎのぬいぐるみをパンチしながらネネちゃんが「お前の脳みそは栗の実か!」
『ヒーッ!いつものネネちゃんと違う!』・・・・・・

答えは直前の21とその前の13を足した34ですね。

ここで風間くんがその知識をひけらかします。
「昔、フィボナッチという学者さんがうさぎの増え方を観察して、、、」
「ほうほう」
しんちゃんがネネちゃんからうさぎを奪って説明を始めます。

「あるところにお父さんうさぎと、お母さんうさぎがいました、、、、」
「ある日人参取りから帰ったお父さんにお母さんが『赤ちゃんができたみたい、、、』ヒー!、、、その赤ちゃんは一ヶ月ですくすくと育って可愛いお嫁さんをゲットしました。またある日人参取りから帰ったお父さんうさぎと息子うさぎにお母さんうさぎとお嫁さんうさぎが言いました『赤ちゃんができたみたい』ヒー!×2、、、その赤ちゃんは一ヶ月ですくすくと育って、またまたお嫁さんうさぎをゲットしました、、、こうして家族は幸せな大きな大きな大家族となっていきましたデメタシ、デメタシ。」

この辺のくだりは「フィボナッチ」「うさぎ算」とかで検索すると詳しくイラストつきなどで教えてくれる記事がいっぱいあります。
つまりはこの数列は命の増え方を表した数列!ということになります。
数字を四角形に置き換えて定規とコンパスで作った黄金比の渦巻き同様表記したものがこれです。
フィボナッチ

この渦巻きが前回ご紹介したコンパスと定規で作った黄金比の渦巻きと見事にぴったりと符合してしまうのです。
命の増え方なのですからよくよく観察すると自然界のありとあらゆるところにこの数列に則った形が存在します。
花びらの数や葉っぱの数はこの数列に則って増えていきますし、茎から生える枝葉も螺旋状に伸びながらこの数列に則って生えていきます。興味のある方は「フィボナッチ数列」での画像検索を試せば「これもそうなの」なんてーのがいっぱい確認できると思いますよ。
実際にフィボナッチさんがうさぎ好きだったかはわかりませんが自然をくまなく観察する心豊かな人だったのではと想像します。

自然界とは命の世界、それを司る法則が織りなす比率だからこそ自然の一部である我々が最も心地よいと感じる比率、黄金比と呼ばれる所以がここにあるというわけです。

そんなものを定規とコンパスでいとも簡単に再現してしまうのですから、やっぱフリーメイソンは世界を牛耳る勢力なんだなーって、、、、
ちょっと待ったー!!!!
大きな見落としがあるでしょう!
図をもう一回注意深く見てください。中心が違うでしょ!
フィボナッチ拡大

本物は1+1で始まってますよね!
銀河系にまで及ぶこの壮大な物語の始まりはたった一つの命とたった一つの命の出会いから始まってますよね。
ここが決定的に違います!
お互いがお互いを同等に尊重しての始まりです。
一方コンパスと定規での黄金比の渦巻きの始まりは大きくその面積が異なります。当然ですがはなっから1:1.618の優劣から始まります。しかも辺の比率ですから面積比だと約3倍近い差となります。
黄金比フリーメイソン2
支配や従属などのいやーな連想をしてしまいます。

そう思うと、そもそも重ね合わせたのちに生まれる図形に軌道を描くような逆向きベクトル、これにもコントロールの匂いがしてくるようで嫌ですね。オリジナルの自発的に力強く外へどんどんスピードを増していくイメージとは真逆に感じられませんか?

とにもかくにも自然界のそれとはどんなに外形が似てようともやっぱ作り物だということです。
命(意志)が命(意志)をほんとーに信じて、認め合ったら銀河をも生み出す出発点になるというふうに見たらロマンチックじゃないですか?

果たして今の人間社会はそれが十分にできているのでしょうか。
命の扱いがちゃんと同等に扱われているのか疑問です。

逆にこれをさせまいというチンケな考えが陰謀論の元になる支配階層って自分たちを思っている人たちの思考回路だとしたら、、、まーおケツの青いこと、「命を粗末にしちゃいけんでしょ!ちゃんといただきます、ごちそうさまって手を合わせんとね」つー具合に何もかもをおばあちゃんに叱ってもらいましょ!

ヨハネの黙示録だの666だの人工知能だので人をびびらして結局みーんな人が作ったんでしょ?そんなもん存在する遥か以前からそんなことにお構いなしに命は脈々と続いてます。

あまたの世に生まれ出たものの中から一番勇敢なたった一つの精子しか卵子と身を結ぶことができないつー小学生でも知ってることに軽々しくちょっかいを出すような遺伝子組換え。自発的に(?)絵を描かすと誰のことを想って描いてるのか何を考えてるのか、ちょーグロテスクな絵を描いてしまう人工知能などなどそれらを「最先端!」って思うことってどーよ?です。1+1から始まるてこの大前提に背いてないですかね?

まあとにもかくにもちばてつや先生などの絵を模写しようとして定規とコンパス持ち出したら速攻でスリッパで頭を叩かれまさーね!「生き様!魂を学び取れ!!!」って。

ちょっと脱線気味の例えですが少なくとも定規とコンパスだけでは魂までもは表現することはできません。いろんなものを描いたり計ったりしてイメージをトレースして表現、他のものに知らしめるのにはとっても便利なものであることには間違いありませんが、命が織りなす世界はそんなもので収まるようなものでは到底なくて、無限の広がりを秘めていると思います。

まあこの辺のニアンスは昔っから誰彼なく言いますけど、でも命の黄金比のあの猛烈な加速度的な渦巻きはそれを具体的にイメージさせてくれてはいませんか?

黄金比とフリーメイソンその2(銀河系まで話が飛ぶぞ!)

黄金比フリーメイソン1

さて黄金比の長方形の中にその短辺を長辺の方に置き換えた黄金比の長方形を入れ込みます。
図のように元の長方形の短辺を1とするとカッコ枠の緑の数字がその値になります。
1を1.618で割ればいいのですが、面白いことに小数点以下が同じになっちゃうんですね。
この辺の解説は頭の悪い私には無理!「まあ神秘的ー!」ぐらいの大雑把でサクッと次へ。
黄金比フリーメイソン2

重なり合ってできた正方形に内接する4分の1の円を描きます。
この処理をどんどん繰り返すと、、、
黄金比フリーメイソン3

こんな風なジッと見ていると吸い込まれそうな加速度を持った渦巻きが描けます。
この渦巻き日本人には馴染み深いつーか台風の形とか竜巻とか渦潮とか、、、ってなんか怖いもんばっかじゃん!
なのですが、銀河系の形なんかもこれなんですって。
さすが、ますますフリーメイソン恐るべし!
なのですが、この外接で表される縦横比がなぜもっともバランスの良い形なのかの答えには遠ざかってしまったような気がしまさーね。
実はこれオリジナルが別にあるんです。お気付きの方も多いとは思いますが、次回はうさぎ好き?の科学者フィボナッチさんのお話です。

黄金比とフリーメイソン

私のようにあんまセンスに自身のない人間がデザインを仕事にしていると、やっぱ頼りになるのは黄金比とか白銀比とかのバランスにおけるセオリーですな。黄金比は数値的にテクニカルに覚えておくと便利なので1:1.618はなんとなくいつの間にやらうろ覚えしてました。白銀比は普段一番よく目にする用紙のA4とかA3,B4,B5とか馴染みの深い縦横比なのでほぼほぼこの比率のスペースの中にモチーフをデザインしてプレゼンします。
白銀比の長方形の作り方は簡単です。白銀比
正方形の対角線の長さを長辺にすればいいだけです。パソコンでx,yの座標軸で考えるよりも直角定規とコンパスで描く方がより簡単ですね。
さてこのやり方で黄金比の長方形を描いてみましょう。
黄金比
赤い部分の三角形の三角関数を解りやすくするために最初に描く正方形の一辺を2としました。白銀比の場合は正方形の対角線でしたが、黄金比はその正方形を半分にした長方形の対角線をこれまたコンパスで長辺とする一辺の延長線と交わらせば簡単に作れます。
さすが世界を裏で牛耳るフリーメイソン!自身のシンボルマークで人がもっとも心地よいとするレイアウトバランスをいとも簡単に導き出せるとは!
って感心してはいけませんぜ、肝心のなぜこの比率が人にとって心地よい比率なのかの素朴な疑問の答えはここにはありません。それに√5の語呂合わせの「富士山麓オウム鳴く」も陰謀論じみてなーんか嫌!
じゃ違うアプローチで、、、その辺りは次回もう少し踏み込んで考えてみましょう。

カレーもいいけどちゃんとお家でお味噌汁!(甲状腺ホルモンのお話)

food_omisoshiru.png
ドーパミンのお話をしたので、ついでに甲状腺ホルモンについてもちょっと話しておきたいことがあります。
やる気スイッチがドーパミンで、「ちゃんと食べるものを食べてこういった脳内部質を生成して、きっちりと脳にちゃんとした指令を与えましょう」なのですが、肝心の脳や神経系統が健やかでなければ意味がないですよね。
この辺のところを甲状腺という前頚部に位置している気管から作り出される甲状腺ホルモンというものが司っています。
甲状腺ホルモンは、海藻などの食物に含まれているヨードを材料として合成され、それぞれの細胞の新陳代謝を刺激したり促進したりする作用があります。つまり、体が円滑に活動し成長するためになくてはならないホルモンです。
良質のたんぱく質でドーパミンなどの神経伝達物質を作って、海藻に含まれるヨードで甲状腺ホルモンをきっちり生成しうる食品がズバリお味噌汁、大豆から作られる味噌とわかめと豆腐とネギなんてちょーオーソドックスやつが最良ということになります。「塩分とりすぎちゃう」とおっしゃられる方も多いとは思いますが、試しに生理食塩水(塩分濃度1%)を作って飲んでみてください。以外にもしょっぱいことに気がつくはずです。つまり味噌汁は体の電解濃度を保ったまま、その具材の栄養素をきっちり取り込むことができる日本人の知恵の結晶です。うちのお店ではお味噌汁はお出ししていません。
ぜひともお家で味噌汁を取ることを習慣付けて欲しいと思ってます。精神的に興奮して活発になるわりにまとまりがなく、疲れやすくなり、イライラして怒りっぽくなり、トイレの回数が増えるとか、甲状腺ホルモンの分泌異常でも起き得ます。なんか原因がよくわからないことを単に「ストレスのせい」などと決め付けるのではなく、「あれ?そういえば最近お味噌汁食ってなかったっけ」をも疑ってみてください。変調をきたした時、すぐさまそれに見合う薬を探すのだけでなく、その前後に普段口にしている食べ物を見直して欲しいと思ってます。特に小さなお子さんをお持ちのお母さんについては。

特に精神安定剤とか睡眠導入剤とか抗鬱剤とかはもとより、全ての精神医療に使われるお薬は脳内物質の量を増減できる作用は持っていません。主にそれらを受け止めるレセプター(受容体)という細胞組織に蓋をするだけだということを知っておいていただきたいものです。確かにドーパミンなどが過剰に分泌されると幻聴、幻覚など「みんな私の悪口を言ってる!」みたいな状態にもなり、まともな社会生活を送るのが困難にもなるでしょう。適切な対処は必要です。しかし前述のように人間の体は様々な仕組みが絡み合って成り立っています。脳内物質をきっちり作用させるために必要と示した甲状腺ホルモンの分泌の指令もまた脳下垂体から発せられますし、そもそも消化器官がダメージを受けていたらいろんな必要な物質も作れません。ですから対処療法的にもともとの体の仕組みを薬によって一時的にでも使えなくしてしまうことが後々どんなリスクを引っ張ってくるのかは誰にも断言できないことをも慎重に考えて欲しいと思ってます。

もちろん薬によって健康を維持するというのは大前提としてまっとうな考え方であり、お医者様や医療関係者の人々が寝る間も削って様々な病気の治療法を模索していることには尊敬と感謝の意を表しますが、それに頼り切ってしまうような健康に対しての無頓着な経済行為や生活習慣が存在するという循環も考えあわせなければいけないと思います。体に変調をきたす前にそうならないような心身ともにバランスの取れた生活を昔の日本人が得意とした躾だとか美徳とかにまた転嫁できれば、世界中の6割にも当たる量の薬を日本人が消費してしまうという事実は覆るかもしれません。現に経済破綻して総合病院のなくなってしまった北海道の夕張市の平均寿命が上がってしまったという笑えない話も存在しますから。

デザインとドーパミン

IMG_20171201_143014 (1)
毎日カレーを作ってます。自分が好きだからです。物心着いた時からカレーが好きでした。夕方遊び疲れて家路に戻る時、家からカレーの匂いをいち早く感じ取ってはダッシュ!!まあそんな、なんの変哲もないフツーのお家カレーを毎日お店で作ってます。これと言って誇れるような工夫はないのですが、そんなうちのカレーを「うまい!」と言ってくれるお客さんもいます。
さて、市場での仕事を終えると私には片付けもそこそこに次のデザイン・レイアウトの仕事が待ち受けています。
今抱えているのはダンス教室の入り口に掲げる看板のデザイン。今日素材としての写真ネタを送っていただいたので、早々に叩き台となるような物を提示しなくちゃいけません。
私のようなボケ老人にとっては「アイデア」よりもまず「やる気!」の充填が必要です。
人間にとってこの「やる気」を生み出す物質がかの「ドーパミン」です!
神経伝達物質の一つで、「セロトニン」や「ノルアドレナリン」と並んで、三大神経伝達物質と呼ばれています。
当然、脳の中で仕事をするわけですが、これが食べ物を原料に腸で作られていることを忘れがちですね。
ドーパミンの原料は必須アミノ酸であり、この元となるたんぱく質を多く含む食べ物を摂取することでドーパミンを出すことを助けます。加えてビタミンB群を摂取することでその効果が高まります。豚肉はこのビタミンBが豊富なことで知られています。うちのカレーのこの豚肉だけはきっちりこだわって作ろうと思ってます。

ドーパミンの分泌異常はいろんな心の病を引き起こします。
うつ病や自閉症、統合失調症などなど心の病は実は体の病です。生き物は生き物でしか生かせないと思って食材を選んでます。味にこだわるのは私みたいな凡人には無理ですけど、できるだけ「生き物じゃない物は使わない」それだけは常に頭においておきたいと思っています。

優美さんお買い上げありがとうね!

IMG_20180126_092913.jpg
とぼけた顔の手編みのふくろうTeam漕人No2の記代子さんの作品です。じつはすでにSold Out!しかも連絡をいれて補充してもらった2体目も今日嫁いでいきました。買ってくれたのは女優でピアニストの優美さん。いつも朗らかで来てくれるとほんとこっちが幸せになります。けっこうおめおめと長く生きてると、朝、顔を洗って疲れた自分の姿を鏡でみたときに、わりとマジに「なんでまだ生きてんだろう俺」なんて思ったりもしますが、、、「今日はあの人に会える、あの人にも会えるかもしんないぞ」ってーのがけっこう励みになりまさーね!今日は花屋の桂子さんの出店日、「この寒い中屋外で出店なさっている彼女に温かい飲み物を」とか勝手な使命感を携えて店へ向かいます。今日はさらにサプライズ!朗らかさでは優美さんにまけじおとらずの生保のセールスレディがお仲間をつれて再来店!前回初来店のときの明るささらにパワーアップ!初対面同士の優美さんと以前お二方ともに暮らした経験があるという大阪での暮らしぶり談義に花が咲きました。最後に仕事を終えた桂子さんも顔を出してくれて、、、、またあしたもせっせとカレーをつくりましょ!

Team漕人(こぎと)ロゴマーク

コギトロゴ

さて、誇るべき我らがチームのシンボルロゴマーク!でーんとあぐらをかいて行く手を指示する主役を、背後のこぎ手がサポートします。向かうは荒波のまっただ中!

この漕人(コギト)」の由来は、哲学者デカルトの命題「我思う、故に我在り」のラテン語、「Cogito, ergo sum」の「cogito(コーギトー) =我思う」の意と、その発音から連想して「舟を漕ぐ人」を掛けて命名しました。

「自身の意思・思考に基づいて、まだ見ぬ世界の大海原に漕ぎ出すぞ!」というTEAM漕人のメンバーそれぞれが持つ気概を込めました。・・・

と、偉そうに語ってみましたが、このアイデアは原案を息子が、デザインは娘ほど年の離れた女性のデザイナーさんへの丸投げでした。いずれもとくに細かな打ち合わせなどしていません。とくにデザインにおいては「人がオールを操って、、、」のみ指示しただけで、後は彼女の直感にまかせました。

漠然と「なにか自虐的でもいーや!おおきなうねりにさからって自身の身を投じてみたい」「おそらくはポチャンとさえもいわないかもしれねーけど」と、ただ与えられた仕事をこなしながら過ぎていく日々にフラストレーションを感じてきた、「そろそろ終わりじまいをどーすんべ?」の微妙なお年頃のわたしにとっては刺激的な言葉とデザインでした。

古来より「言霊」という概念があります。

またかたちについては音などの波動が見事な模様を形成する事も良く知られています。ということは逆もありですわな。

ということで、わたしはこのお気に入りのロゴマークの持つ波動にしばらくは引っ張られてみようと思います。

今日も来てくれました!

お返しの品
桂子さんの作品の前にちょこんと座るかわいい折り紙は非売品です。まだ幼稚園の男の子ですが、店に飾っていたギターを差し上げた男の子、その子からのお返しの品です。こういうものを私のことを想いながら作ってくれたと思うとなんか顔が緩みっぱなしですね。
私みたいな特に尖った才能のない人間にとっては、こんな人が人を想う力を純粋な創作の原動力にしたいなーって感じる瞬間です。無邪気な声で「ママよかった開いてるよ!」のセリフに「このやろ!抱きしめたろか!」つーぐらいに可愛らしいのですが、その子に「ママ可愛い」と言われるほど本当にその子に負けじ劣らずのキュートなママさんの長男くんが成人超えで今度独立で離れ離れになるつー話!!!!???
21世紀って世の中の外観や野郎どもの姿形ややってることもは思ってたほど進化しなかったけど、女性は確実に格段に進化したんじゃねーの!まあいずれにしても仲睦まじい母子を見るとほんま、こっちまで幸せになりまさーな!私の大好きな光景です。
さて、「人が人を想う」特に何らかの事情で会えなくなった人のことを想う、そんな心情を爪弾いた曲をTeam漕人のサブテーマとしてこの曲をあてがっちゃおうかな「追憶のテーマ」です。いろんな人に捧ぐつもりで気持ちを込めて弾いたのですが、、、もうちょっと上手に弾けんかいな!https://www.youtube.com/watch?v=ruVp6jsnvOs

一応テーマ曲!

Team漕人メインテーマ(生まれい出て/旅立ち)

大昔まだ若かりし頃なんとなく水の流れをイメージしていてできた曲。その当時はいつか紙芝居的なもののBGMにでもしてーなーなんて漠然と思っていましたけど。自分に紙芝居を作る能力、気力がないことが発覚!ということでTeam漕人のテーマ曲に勝手に採用!
Team漕人メインテーマ(生まれい出て/旅立ち)

んでもってB面はこちら漕人(コギト)のテーマ:追憶
漕人(コギト)のテーマ:追憶
プロフィール

おしげ

Author:おしげ
東久留米の市場の中の小さな小さな休憩所、そこの管理人です。
とはいえ自己管理とかが大の苦手、適宜テキトー大雑把が信条の私!
大丈夫かー!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。