黄金比とフリーメイソンその2(銀河系まで話が飛ぶぞ!)

黄金比フリーメイソン1

さて黄金比の長方形の中にその短辺を長辺の方に置き換えた黄金比の長方形を入れ込みます。
図のように元の長方形の短辺を1とするとカッコ枠の緑の数字がその値になります。
1を1.618で割ればいいのですが、面白いことに小数点以下が同じになっちゃうんですね。
この辺の解説は頭の悪い私には無理!「まあ神秘的ー!」ぐらいの大雑把でサクッと次へ。
黄金比フリーメイソン2

重なり合ってできた正方形に内接する4分の1の円を描きます。
この処理をどんどん繰り返すと、、、
黄金比フリーメイソン3

こんな風なジッと見ていると吸い込まれそうな加速度を持った渦巻きが描けます。
この渦巻き日本人には馴染み深いつーか台風の形とか竜巻とか渦潮とか、、、ってなんか怖いもんばっかじゃん!
なのですが、銀河系の形なんかもこれなんですって。
さすが、ますますフリーメイソン恐るべし!
なのですが、この外接で表される縦横比がなぜもっともバランスの良い形なのかの答えには遠ざかってしまったような気がしまさーね。
実はこれオリジナルが別にあるんです。お気付きの方も多いとは思いますが、次回はうさぎ好き?の科学者フィボナッチさんのお話です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おしげ

Author:おしげ
東久留米の市場の中の小さな小さな休憩所、そこの管理人です。
とはいえ自己管理とかが大の苦手、適宜テキトー大雑把が信条の私!
大丈夫かー!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR