スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごい人です。「でもなんで?」

やっぱ気になってしょうがありません。
生まれついての心配性で、臆病者ですからね。それでいて気がついたらいろんなことに手だしたり、頭から突っ込んでしまって抜けなくなって収集つかなくなってますから、ほんと救いようがないクズ野郎です。

でも、あのお母さんにそこまで苦労させたのはいったいなんだったのでしょうか?いろんな苦労を乗り越えた果てに辿り着いたのが「躁鬱病」だったそうです。今は克服なさっていらしゃるそうですが、、、無理やりおちゃらけて茶々入れながらお話を伺ったのは、決して笑いながら「あん時はひどかったのよー、ね、笑っちゃうでしょ」という境地にまではどう見ても達してらっしゃるようにはお見受けできなかったからです。(まー単にそういうキャラではないと言ってしまえばそれまでになっちゃいますけど)

『今はあの時から比べれば本当に幸せよ』とはおっしゃってくださいましたが、、、

この〇〇と比べればの言葉に私は妙に敏感に敵対心を燃やしてしまいます。

自分自身に問いかける分には、余計な執着から逃れる手段として有効な考え方ですが、、、この〇〇と比べればを他の人格に振りかざして襲いかかるととんでもなく強烈な侮蔑の武器に変化してしまいます。

「あんたなんか〇〇と比べたら〇〇みたいなもんよ!」なんてーのは発する側にそれほどの悪意がなかったとしても受け取る側がそれを「こころね」で受け取ってしまった日にゃーはたまったもんじゃありません。個性はおろか人格すら全否定です。

私は自身のことを実際クズだと思ってます。でもそれは決して卑屈になっていっているのではありませんよ。今のこの世の中にとっての相対的な観点からの、特に影響力においては「けし粒以下」といった見地においてです。

ただしです!この感情を持った生き物としてのクズというものはすべからく唯一無二の存在です。

つまり、大げさに、お釈迦様の言葉を借りて「色即是空空即是色」のほんのひと揺れに過ぎない存在だけど「天上天下唯我独尊!」と言えたりもするわけですわな。

要するに「こころ」とか「人格」という本質として唯一無二の存在であるはずのものを他のものと比較するテーこと自体が矛盾でしょ。
上記を逆に言うと、比較された時点で唯一無二を否定されてしまうということですな。

このお母さん、「〇〇に比べれば」を常に自分に言い聞かせてしまっていたんじゃないだろうかって思ってみたりもします。

で、お嬢さんにも「あんたなんか若い頃の私に比べれば」なんてセリフ飛び交ってたんじゃないかと、、、
おそらく悪気など微塵もないでしょうけど。多感な時代であったりしてたら結構きついかも?

いつの日か「いやーほんとすごいお母さんだよね」『ほんとやんなっちゃう。娘にとっちゃいい迷惑でしょ。そう思いません。おしげさん?』なんて会話ができたらほんと幸せだなって思えるんですけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おしげ

Author:おしげ
東久留米の市場の中の小さな小さな休憩所、そこの管理人です。
とはいえ自己管理とかが大の苦手、適宜テキトー大雑把が信条の私!
大丈夫かー!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。