スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実はケース込みで3万なんです!このチャイナおべーしょん!

「じゃ夕方行くからね」

「おうよ!いつもありがと」

「こっちこそ!」

東大和に骨董品屋と新宿のライブハウスの2店舗を経営してらっしゃるレジェンドドラマー(今はメインボーカルとギターで若いドラマーーとベーシストさん達を引っ張るトリオのリーダーです)が、その店で振る舞う料理の素材をこの私の居る市場で、ご自身で仕入れてご自身で調理なさっています。今日も買い出しの帰りに寄って下さいました。

前日に携帯のメールに「あしたラーメンをつくるから、おいで!」との着信。
にもかかわらずそのうえ顔を出してくれてのこころづくしに恐縮の極みですが、そこはそれ、レジェンドには申し訳ないけど、おみえになったら先日買ったギター弾いてもらって感想を聞かしてもらおうと企てていたので、いきなり!

「ちょっと、ちょっと!見てみて見て!ギター買ったんすよ!おべーしょん!なんとケース付きで¥30000!!!でも消費税つくから厳密には¥32400っすけど!」

そーなんです!私がはじめてOvationのギターを知ったのは今から30年も前のことですが、当時のその値段は最も初期の同一タイプの表装で、カーボングラファイト仕立てのやつはかるく100万円越えでした。
その後トップ板を従来のギター同様スプロース材を使用してだのオーソドックスな円形サウンドホールなどのモデルも次々と発表されるのですが、いずれも『ん10万円』の代物で、とてもわたしのような素人がおいそれと手にできるギターではありませんでした。
ケースにしてもメイドインUSAは6万円もする高級品です。

んじゃ30000円ってどういうこと?

ずばりメイドイン中国!で、ゲットしたのはリサイクルショップです。
このタイプC-48という末尾が8の機種はとっても薄型のギターで専用ケースは付属品扱いですね。

中国製といえども得意のコピー品ではなく、今や天下のOvationも中国製、韓国製が安価に手に入る時代なのですね。
初心者セットなるものもありました。

初心者セット

さっそくネットで検索したら現行機種がだいたい新品で5〜6万円で売られていました。ハードケースは2万前後ですから、半値以下という意味でもお買い得なわけですが、特筆したいのがそのヘッドに奢られているロゴマークです。

現行機種は昔のものとは異なったものがプリントされていますが、私のゲットしたものはかつて高嶺の花だった頃と同じ形のロゴがプリントされています。

まあ私のような下手な横好きの似非ギタリストには充分すぎるほどの満足のいくもので、音はそれなりなのでしょうが、アンプにとうして使う事が大前提のおべーしょんC-48!なんとでもなりまさーな!

あとはレジェンドに触って頂いて!(よく赤ちゃんが横綱に抱きかかえられて無病息災を願うみたいな?)

「うん!自分が気にいるか否かだよ。ネックのつくりが昔のフェンダーぽくって三角で弾き易いじゃないの。俺もこないだのコンサートで使った黄色いエレキギター、たしかあれもリサイクルショップで買ってきたんじゃなかったけな?忘れちゃったけど。」

私は自分がなんか安く物を買い物できると、やたら人に自慢したがる妙な性癖があります。
一番最近の前世はおそらく大阪あたりのおばちゃんじゃないかと思ったりも最近してます、、、

いずれにしても音楽業界の高見を経験して今なお現役で演奏してらっしゃる方の思いがけない言葉に皆がどんびきするほどの筋金入りの貧乏性を勇気づけてもらえたかのような気にもなって意気揚々です。

今日ばかりはなんとなく続けているグルテンフリーもちょっとお休み。

レジェンドムッシュのいつもながらの丁寧に仕上げられたラーメンとチャーハンを堪能してきました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おしげ

Author:おしげ
東久留米の市場の中の小さな小さな休憩所、そこの管理人です。
とはいえ自己管理とかが大の苦手、適宜テキトー大雑把が信条の私!
大丈夫かー!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。