スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある母の決意とおもいやり、、、「貴方らしく在りなさい!」

ムッシュの骨董品屋さんにラーメンをごちそうになりに行くときに、「あ!あの人に会える」とふつーに思ってしまいました。

その方というのははムッシュの身にまとう物やプロの音楽家でいらっしゃるムッシュの奥方のステージ衣装なども手がける女性服飾デザイナーさんです。
初めてお会いしたのもこの骨董品屋さんでした。
デザイナーさんといっても気負ったところが少しも無く、ほんとうに着飾らない自然体の素敵な女性です。

同じくラーメンをお目当てに来られていて、食べ終わってまさに今入れ替わりでお帰りになるところでした。

すかさず約束の品を差し出します。

「これ!今朝やっと見つけました。やっぱ置いておいたところからすべりおちて床に転がってました。」

以前ムッシュが

「これいーでしょう!」

と差し出した木製の箱に入ったオリーブの首飾り、ロザリオなのですがその本体ではなく木製のケースのほうです。
私も彼女も一目惚れしたのですが、そのときは私が持ち帰ることになりました。

彼女は中身よりもその指輪入れぐらいのケースの手触り、細工の丁寧さにいたく惹かれたみたいで、何度もふたを開けしめしたりしては感触を楽しんでおられました。

わたしも彼女同様に箱に惚れ込んだのですが、中身がロザリオというキリスト教徒の宗教儀式に使うものという認識が信者でないこの身にとってはじゃっかん重いなと思っていました。

只、今日持ち帰らないとなんかもう他の人の手に渡ってしまう気がして、、
「ムッシュこれ頂戴します!」と言ってしまいました。
すかさずなにを思ったか
「これ飽きたらお譲りしますから」などと一方的に彼女へ進言してしまいました。
その後何度かお会いする機会があったのですが前述のごとくずっと行方不明になってました。
ところが不思議な事に
「今日ムッシュのところに行ったら彼女に会えるからな」と思った朝、いきなり出てきました。

不思議と不思議とも思わず、それを無造作にポケットに入れておいてムッシュの店に入ったら当然のごとく彼女がいて、それを約束通り手渡した次第です。

すると彼女が
「ありがとう!じゃこれ返すね」
と差し出したのがこれまたつい先日彼女に差し上げたジッポのライター。
これも得意のリサイクルショップで540円でゲットしたのですが、なんと上下を革細工、表装を桜の絵柄の西陣織といったちょっと珍しいものでした。ネットで(西陣織ジッポ)で調べたら出てきました。希望小売りが¥10000の品です。なんと95%オフでんな!
西陣

先日彼女にムッシュの奥方の経営するライブハウスでお会いしたとき。

「ごめん!例のロザリオのケースどっか行方不明で出てこないんですよ。かわりにこれ差し上げます!俺より貴方がもっていた方がお似合いだし汚れ仕事をする俺が使ってるとこいつも汚れて可哀想だから」

と差し出した物です。

彼女的には約束の担保みたいな感覚だったのでしょうけど、なんとなくですがケースを渡したら出戻ってきちゃう様な予感がしてたので、ムッシュの店に向かう直前にリサイクルショップで一番安い800円のオーソドックスなジッポを仕入れておきました。

「いえいえ!ちゃんと自分のやつはありますから!」

540円なんて不名誉な値段を付けられてしまった子です。逆にちゃんと価値のわかる人のもとに収まるべきですからね。

目的をはたせたのでスッキリしたのですが、かえって彼女に気を使わせてしまって、私がラーメンを食べ終わるのをつきあわせてしまいました。
後から入ってきたお客さんもみせを出られてお客が私と彼女だけになったのでムッシュに

「じゃごちそうさま!そろそろ」

と言いかけたところで

「おう片付けとかしなくちゃいけないのを一人じゃ寂しいから珈琲いれるからなもう少しいろや」
と言ってくれました。

興味深い服飾デザインの事、自分をとっても評価してくれた大事な人の娘さんが病気を患いその願掛けでお百度参りをして、奇跡的に回復にいたったこと。にもかかわらず今度は当の本人がお百度参りの最中に病魔に襲われつい先だって旅立たれた事。そのさいに夢枕に立たれてお別れを告げられた事。などこころ揺さぶられる話をいっぱい伺うことができました。
感受性の豊かなひとのエピソードはどれもみな鳥肌物なのですが、なかでも娘さんに対する愛情の深さには敬服しました。

「ちょっと家庭内がごたごたしたときがあって、娘も勉強どころじゃない時期があったの。いつぞやの中間テストに勉強できてないのでぜんぜん自身が無いて言うから、『あなたが好きなアーティスト、グレイの歌詞を答案用紙に書きなさい!なにも書かないのではなくて今の貴方を支えてくれているものを今のあなたの答えとして書き記しなさい』って言ってみたの。そしたらもう隙間無くびっしり解答用紙をグレイの歌詞で埋め尽くしてね。その結果学校から呼び出しをくらったんですけど、この親子なにを言っても無駄みたいな扱いをされてね、、、」

100点満点です!!!
なんと素敵な母子でしょう!
母が子を気遣う想いをストレートに子にぶつけて、子がそれに真っ正面から応えて!

ずらりと並んで人を頭ごなしに推し量ろうとする教師の群れにひとり仁王立ちして子供をかばう母の姿が目に浮かびました。

それでも
「あの子にはなんにもしてあげられてないのよね、、」とおっしゃる彼女がとっても大きく見えました。

あったこともないその娘さんの大フアンになってしまいました。


ふと気がつくとムッシュがこっちを眺めてほくそえんでました。
「片付けは?手伝う?」

「あした、あした、明日やれる事は明日やるさ。今が大事。そうだったろ?」

な、なんか、皆ただものじゃねーぞ、、、気がつくと、ゆうに2時間以上は喋ってた計算になる時間です。

まさに夢の様な一晩でした、、、

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おしげ

Author:おしげ
東久留米の市場の中の小さな小さな休憩所、そこの管理人です。
とはいえ自己管理とかが大の苦手、適宜テキトー大雑把が信条の私!
大丈夫かー!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。