スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最近の子は!」←大昔の人もそう言って嘆いてました。

「うちの孫達ときたら、ほっといたらずーっとゲームばっかりやってるのよ!」
「外にだって遊びに行かないものだから、今日久々に連れて来てしまいましたの」

この春小学3年になるお姉ちゃんと新一年生の弟くんの姉弟をつれてきたご婦人。
聞けばお母さんが腰を痛めたらしく、なんでも手術をしなくちゃいけないほどの重篤な状態のようです。
春休みなものでおばあちゃんが終日子供たちのお世話役係となったのですが、まったく外で遊ぼうともせずにテレビゲームに没頭している孫達にあきれている、というかちょっとお疲れ気味に見受けられます。おそらくなかなか言う事を聞いてくれないんでしょうね。
子供達にオムライスを注文してくれたのですが、ご自身は食欲がないのかオーダーなされません。

「チョコを少しいかがです?んで珈琲を飲むとおいしいですよ、あんたたちはイチゴオーレね」
これおじさんのおごり!」

むりやり連れてこられたのかちょっと元気の無い子供達にもごますりです。
そこへ仕事帰りにいつも依ってオムライスを注文してくれる市場の肉屋さんの看板娘(?)の常連さんがタイミングよくきてくださいました。この方とっても気さくで誰にでも親しく接してくれます。
食事を済ませてしまった子供達そっちのけでご婦人二人で会話がもりあがってしまいました。

「よっしゃおねえちゃん!そこにわたがしをつくれる機械があるからやってみ!」
「ここにザラメを入れて、、、この回る部分が熱くなるから気をつけてね。じーっとクモの巣の様にまくがはるまで我慢してからその上に引き上げる様に回し取っていくのがコツ!やってみ!」

で、ほったらかして私は洗い物。
しばらくするときゃっきゃ言い出しました。
「ぼくも!ぼくも!」
弟くんに手ほどきするおねえちゃん。ちょっと洗い物の手を止めて、見るとほんとうに上手です。

「すごい大きく出来てるじゃん!お姉ちゃん上手!」

「前にテレビでやってるの見たの!やってみたかったから!」
「おいしーい!ほらたべてごらん!」
お姉ちゃん弟くんに自慢げにふるまいます。
「うん!おいしい!」

自分で苦労してこさえたものはおいしいですよね。

二人とも元気が出て来たところで、例のジャムの小瓶のカーリングのセッティング。

きゃっきゃ言いながらこの日は弟くんに軍配があがりました。

「合計で○○円です!・・・はいじゃおつりの○○円、ありがとうございました。」

「こちらこそありがとうございました。また来ますね」
とおばあちゃん。

店を出がけにお姉ちゃんが寄ってきました。

「おじちゃん!今度来た時は何して遊ぶ!」

「おっしゃ考えとくよ!じゃあ待ってるからね」

「うん!またね!」

めっちゃ可愛いです。じじいイチコロの笑顔をくれました。

「最近の子供は」のフレーズは太古の文献にもでてくるそうですよ。

じっさいなにかと忙しい大人が子供と一緒に過ごす時間を確保するのは容易じゃないし、相手をするのもそうとうなパワーが必要でしょう。どうしても距離をおいての関わりになってしまいがちです。
そうするとどうしても自身の経験や既成概念で目の前のこどもたちを推し量ってしまいます。

今の子供達はわたしの子供時代と比べると圧倒的に遊び場がすくないと思います。立ち入っていいような森や林、川などどこにもありません。なにをしてはいけない、かにをしてはいけないの公園はさらに小さい子達をつれたお母さんたちで満席状態。友達のだれかを訪ねると、親同士が気を使い合ってめんどうくさいし、、、etc
そりゃ四六時中「どっか連れててよー!」ともいえませんし。
ゲームやってるほうが、、、

つくづく今の世の中での「子育て」ってほんとーにたいへんだなーって思います。

「ゲームばっかりしてちゃだめでしょ!」と叫んでもその先「そんな暇があったら○○をしなさい!」と続ける台詞がでてきません。漠然と外で遊びなさいと言っても昔と今では状況が異なります。

それよりもなによりも「ゲームばっかしなさんな!」と言う、肝心の大人が子供が袖をひっぱるのを払いのけて、スマホの画面に釘付けになってやしませんか?

いまやさまざまなサービスを無料で提供してくれるスマホ無しではまともに暮らしていけない世の中なのかもしれませんが、それはあくまでも「情報」でしょ?
そこから一歩先の「体験」となるとまさに先立つ物が必要になります。
まさしくこの先立つ物がいくらあっても足りません。

「OKグー○ル!ふあっふあの極上スイーツが食べたい!お金も足もないけど!」
と検索かけたら人工知能は「ばかかお前は!」って説教しだすぐらい賢くなるんでしょうね。

だいたいスマホの画面に夢中になってあのお姉ちゃんの輝く様な笑顔を見逃しているとしたら凄くもったいないことだとも思います。

すこし考え方をシフトする必要がありはしないかとも思います。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おしげ

Author:おしげ
東久留米の市場の中の小さな小さな休憩所、そこの管理人です。
とはいえ自己管理とかが大の苦手、適宜テキトー大雑把が信条の私!
大丈夫かー!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。