バカは死んでも治らない(その2)

40代前半ぐらいなのかな?ご夫妻でお見えのちょっといでたちのお洒落なお二人です。
昔取った杵柄てな感じで、「またちょっとギターを弾いてみようか」みたいなノリかな?
旦那さんの方がエントリークラスのギターをあれもこれも手にとっては元に戻す行為を繰り返してらっしゃいます。

「少し他を回ってくるか、、、」と館内を一周してきたのですが、あのTAKAMINEのギターが気になってちょっと挙動不審!

戻ってみると近くに小学生の高学年かな?それとも中学生?の娘さんがいることに気がつきました。
どうやらその娘さんにあてがうギターをお探しのようです。
どうもお父さんはギターを弾いたことが無いようで、試奏せずに元に戻してらっしゃったのはそのせいですね。

この店舗には程度の良いエントリークラスのギターが並んではいますが、その辺は私、すでに片っ端から試奏済み!

(あ!それは見た目はいいけど全然弾きづらいっし!あ!それ!低音が出ないよ!)
とはたでかってにジャッジしてます。

で、なんと!いよいよあのTAKAMINEのギターに手をかけてしまいました!

そこで私、思わず、いきなりの唐突に!
「そのギター!この辺の価格のものの中では飛び抜けてできがいーですよ!」

「え!お店の方ですか?」

「いえ、違います。あ、すいません。このギター、以前試し弾きしてからずーっと欲しかったんですけど、何台もギター持つのは贅沢だと我慢してたんですけどね、ちょっと人にあげてみようかと今日ここに来たんですけど、、、もう全然弾きやすさとか音色とか違うんですよ!」

と同じぐらいの値段のギターをそれぞれ弾いて見せてあげました。

「わあほんと違いますね!」

「そーなんですこのギター見た目はおっさんくさいけど、弾くと大違い!高いところのフレットを押さえてもちゃんと響くでしょ!このギターと比べるとしたらこの辺りの3倍ぐらい値段の張るこのヤイリのギターかな?ってぐらいの掘り出し物です」

「娘の誕生日にと思って見に来たんですけど、まだ日にちが先なので今日はいいかなって思ってたんですけど、実際音を聞かされると欲しくなっちゃいました。、、、でもいいんですか?あなたが欲しかったものなんでしょ?」

「あ、でもおせっかいなんで、、、それにもう売れちゃったなら諦めが付くし、、、」

親御さんたちは私のオススメを素直に気に入ってくれたみたいです。

ですが!ですがです!肝心の娘さんがキョトンとしています。

やっぱちょっと地味なおっさんくさい(玄人好み?)のギター、、、こ、これはいかん!!!!

そこですかさず「ちなみにあとお父さん的にはどのギターをいーって思いました?」
(娘に抱えさせて似合うギターをお父さん的には選ぶはず!)

「このアリアのギターですかね、でも残念なことに左利き用だったんですよ」

ビンゴです!
うちの店の柱に掲げてあるギター!その上位バージョンです。しかも弾きやすくメンテアップ済み!
IMG_20180410_231935 (1)
自身で「初心者や女性に最適だ」と言い放ったあのギターがあるじゃないですか!

「お嬢!おじちゃんがギターあげるよ!」
「おじちゃんよりあんたの方がそのギター似合うと思うから!」

またやってしまいました、、、

「お父さん、お母さん時間あります?ちょっと店に戻って取ってきますから、途中にあるファミレスとかで待ち合わせでいーですか?」

「じゃ後ほど!」
もうTAKAMINEのギターは眼中になくなってしまいました。おっさん同士のお世話を焼くよりもお嬢の喜ぶ顔が見れるかもしれないとの期待でオンボロ車のアクセルを吹かします!





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おしげ

Author:おしげ
東久留米の市場の中の小さな小さな休憩所、そこの管理人です。
とはいえ自己管理とかが大の苦手、適宜テキトー大雑把が信条の私!
大丈夫かー!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR