生き様というこだわり、自由とは?

ちょっと遅くなってしまいました。なんせ愚図ですからね。
師匠の店の扉を開けたのは9時半を回ってしまっていました。
中にいらした他の客人は「もう食えない!」「今回過去最高のボリュームじゃない?」
なんておなかをさすっていらっしゃいます。

「餃子!!!!のこってますー?!!!!」

「おうよ!ちょっと待っててな!」
せっかく皆に振る舞ってやっと一息つけるなってところへの参入です!ほんと申し訳ないけど、背に腹は代えられぬほど腹が減ってます。腹が減ると私、この歳にもかかわらず若干凶暴にもなります。

それを見透かしてか間髪入れずにモツ煮込みが飛び出してきました。
ショウガが他の肉よりもでかいというワイルドさ!だけど食べるとやさしい味です。
師匠のつくる料理は皆そんな感じです。
素材や下ごしらえにいっさい手抜き無しです。ひょうひょうと、背中をじゃっかん丸めてT
シャツのすそから手を入れてポリポリと腰の上当たりを掻きながら歩き回る姿からは到底想像できない料理がつぎつぎとくり出されます。

「餃子は音が大事だからな、火のそばから離れられないんだ」

「うん!乾いたパチパチって音が大事なタイミングですよね」
そう返すと嬉しそうに
「そう!そう!」
と微笑んでくれます。
「ほい!」
出てきました!みごとな焦げ目とまるまると太った普通の餃子のゆうに2倍ぐらいはある大きさの代物です。
直感的に大口開けて一口でまるごといただきます。
案の定、極上の小龍包のごとく肉汁があふれでました!
「うめー、、、、」おもわず顔がほころびます。
気がつくとその様を観て師匠がほくそえんでます。
「カレーも食うか?」
「もち!」
「冷たいのと温かいのとどっちがいい?」
「冷たいの!!!!」
「さーすがプロ!!!」
て、当然でしょ?冷たいカレーなぞ聞いた事がない!
師匠またなにか秘策を思いついた様です。
んで、出て来たのが牛筋カレーなのですが、大量の福神漬けがのっかってます。
さっそくご飯とルーと福神漬けをからめて口に運びます。

・・・納得です!

牛筋の脂身がよけいにルーに溶け込まぬようにして、それぞれの境界線を侵さぬ様、とくに極上の福神漬けのはざわりも同時に楽しめる様につーことですかね!こんなアイデアどうして生まれるのでしょう?

「俺にとっては当たり前のことなんだよね、常に自由な発想でいいんじゃないの?ちがう?」
「音楽にしたって、なんにしたって厳密に言うとだ、本当はオリジナルなんてないんだよ。でもそこに自由な受け止め方というか演じ方というか、それをいかにフロントマンが生き様としてひっぱれるかどうかだよね、世間がどうこうじゃないんだよ、人が歩いてるレールの脇を歩けよ!そもそも最近の一方を排除する様な風潮はどうかとおもうしな!」

まさに風貌もおっしゃることも仙人そのものなので理解不能!ただただあんぐりしてしまいます。

自由とはかくも過酷なほどの内面のこだわりを要するってことだけはなんとなく解ります。

まあ、なにひとつまねなど出来ませんが、とりあえずは自分のつくったもので人が喜ぶ様な、、、そのさまを観て、にやけている境地には至りたいものです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おしげ

Author:おしげ
東久留米の市場の中の小さな小さな休憩所、そこの管理人です。
とはいえ自己管理とかが大の苦手、適宜テキトー大雑把が信条の私!
大丈夫かー!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR